ビットコイン(仮想通貨)でよく聞く暗号通貨とは?

暗号通貨とは?

暗号通貨とはデータを活用した通貨のことです。

暗号通貨が作られた目的とは、取引の安全性を確保すること・世界中への送金手数料を安価で済ませること・取引のスピードを速くすること・世界中で同じ基準で取引ができることなどが主な目的となります。

また、暗号通貨は基本的に実物があるわけではなく、支払いをした記録が残るだけとなります。馴染みやすさで言うと、電子マネーの残高表示に近いと思います。

例えば電子マネーの残高に1,000円が残高として表示されているとします。その1,000円は実際に実物があるわけではありません。しかし、電子マネーの中に1,000円が入金されているという情報により、お金が入っていることが証明されます。そうした証明をもとに、資金決済を行います。暗号資産(仮想通貨)はあらかじめお金を支払っているという証明があるため、決済をすることが可能となります。 ビットコインをはじめとする暗号通貨も、暗号資産(仮想通貨)の一種であると考えられます。

暗号通貨はどのように誕生したのか?

一般的に暗号通貨の原点として知られているのはビットコインだと言われています。 ビットコインはサトシ・ナカモトという方がビットコインについての論文を書いたところから始まり、この論文を読み、共感した人たちが論文をもとにビットコインを開発したそうです。

暗号通貨と言われる理由は?

暗号通貨の取引は、その名の通り暗号技術によってセキュリティ対策が行われております。

暗号通貨の取引はデータ上で徹底的に管理されております。
第三者に取引の情報を編集・上書きされないようにするためにも暗号技術が必要になっています。

暗号通貨は運営主体を持たず、システムとして動いています。

ビットコインを代表とする暗号通貨がシステム上で動くためには暗号技術が重要になり、この暗号技術が暗号通貨と言われる理由です。

https://kimagure5858.seesaa.net/article/479711046.html