京都の桜

3月27日平安神宮の神苑の桜を見に家内と二人で出かけました。
此処へは一昨年に来たことがあります。偶然見つけた日本庭園でしたが、その規模と樹木の種類の多さに感動した記憶があります。

新記事で谷崎潤一郎が毎年この神苑の桜を楽しみにしていたのを知り出かけることにしました。
午前中は春とは言えど風の寒さやの体感温度でしたが京都に着いた12:00くらいには丁度良い花見日和になり季節に感謝したくなる天候でした。

非常事態宣言開けとは言え少し後ろめたい気持ちがあったのも事実ですが驚くほどの人出で、皆さんも私同様の気持ちなのでしょうか?
平安神宮の大きな鳥居をくぐると骨董市をやっていて賑わっておりました。

神苑内はそれ程に人もおらず、ゆっくりと散歩でき写真も一杯撮れて満足な花見になりました。ソメイヨシノも綺麗なのですがここは枝垂桜が多く、その淡いピンク色はやはり美しいものです。

庭園の中ほどに茶店があり家内は抹茶、私は抹茶アイスを頂きました。あと何回、健康で桜を見ることが出来るのでしょうか?
そう思うと毎日の日々を感謝しながら過そうと桜と季節に感謝する春の一日になりました。

nakano blog