浴衣の向きって左?右?

夏まっしぐらに突入するに当たって、浴衣を購入したという人も多いでしょう。
また旅先の旅館で浴衣でくつろぐという予定を立てている人もいるかもしれませんね。

宿の浴衣は外出用の浴衣と異なり、くつろぐためのもの。

ですから基本的には浴衣の向きは右前身ごろを左前身ごろにかぶせて、帯をするだけになります。

しかしここで見栄えする着付け方法があるので、ご紹介しましょう。

まず首の後ろの部分。
この部分の開き具合がちょうど良い具合だと、女性らしさを感じさせることが出来ます。

通常の浴衣はこぶし1つ分が入る程度にうなじ部分をあけて着付けます。
宿の浴衣はハリ感がありませんから、クタっとなりやすいのが特徴です。
あけすぎだとだらしなく見えてしまいます。

ですからうなじがちょっと見える程度のさじ加減で着ると綺麗に着こなすことが出来ます。

少し前までは浴衣も着物も、日本人なら着慣れていたはずなのに、今ではすっかり洋風文化になってしまって洋服がメインになっています。

着物、浴衣は特別な晴れの日やイベント時のものになっていますね。
ですから左前なのか、右前なのか分からないという人も多いのです。

年配の女性でも知らないことがあります。
高齢の方はやれやれと思うことでしょう。
しかし浴衣や着物が現在もなくならず現在も続いていることはとても良いことですね。

夏祭りなどのイベントや旅館でしか味わうことが出来ない風情でも、なくなってしまうよりは断然良いでしょう。

素敵な日本の文化をこれからもキープしていきたいですね。

https://キラリボーテ.com/